体験例

体験例

私と雄弘ヨーガとの出会い

高垣光伸私の雄弘ヨーガとの出会いは、平成21年6月、一泊で同窓会ゴルフコンペに行った時のことでした。(昭和15、16年生まれ)同組同室になった友人が 何年か前の忘年会同窓会で会った時とあまりにも変わっていたのに驚き感動しました。
といいますのも以前会ったときは、腸閉塞やいろいろ大手術をして相当顔色も悪く、憔悴していたので本人には悪いがあまり長くないんじゃないかと心配していました。ところがゴルフでははつらつとしたスウィングをし、とても元気な姿を見せてくれたのです。

その夜宴会をし、一泊した翌朝のことでした。部屋の片隅で体を曲げたり強い呼吸をしたりしている友人をみて、君はいったい何をしているのかと尋ねました。そうしたら友人曰く、これは雄弘ヨーガといって一般に知られているヨーガとは違うが、自分はこのヨーガで心身共に生き返り第2の人生をもらってその人生を謳歌している、と言ったのでした。

そこで私も少し興味を持ち、私は太っていたがどこといって悪いところもない状態でしたが、一つだけ2年ほど前から困っていることがあったのです。右足のくるぶしが捻挫のあと処置が悪かったのか内側に曲がり、3ヶ月に一度は靴の踵を修理しなくては痛くて歩けなかったのです。それでこんな状態のものでも治るかなと尋ねたところ、それは解らないとのことでした。
しかし私は足首はともかく健康にもよいと思い、平成21年8月から始めました。研修会に行くたびに帰りは体が軽く、歩幅が広がるのが実感できました。気がつけばいつのまにか足首も完治していました。今は雄弘ヨーガと友人に感謝しています。

なにわ大阪研修会

ヨーガを体験して

坂東正私はヨーガを友人に誘われて始めました。未だ2年にも達していませんが、以前と違う自分を感じております。上手く表現できませんが、今!若い時の、体力、気力を持った、自分が在ります。

すでに私は人生の黄昏時を迎えていますが、体重が減り、お腹が目立たず、身長が伸びた様に感じ、溌剌とした盛気が宿っています。

最初は、何と難しく、呼吸の仕方にも、決まりが有り、また色々と種類が有り、苦しく思いました。今思えば、この呼吸法が、ヨーガの基本で、大切な要素と理解しました。呼吸に合わす色々な体位、最初はすべて出来ないと思いました。体位は数多く、行をする中で、今も出来ない体位と、何とか出来る体位と・・・・・

自分の変化に驚きと、嬉しさが!苦しい行の練習を続けたいと思う、原動力です。

行の始めはお経を読む事から、最初は馴れず抵抗を感じましたが、今ではヨーガを始める”挿入歌”の様に思います。そして行が終わった時、脚腰が軽く、歩行が容易に、体の血行が良くなり、頂くお酒の酔いが心地よく、うれしい限りです。

また、首のうなじを伸ばす感じが自覚出来、姿勢が良くなり、体に芯が通る様に感じます。今まで述べた事は自身が素直に感じた事です。短い間の成果を信じ、これからもマイペースでヨーガを続け、理解すべく頑張ります。

最後に丁寧に解りやすく指導頂く”番場会長””山野上先生”に、ヨーガの道に誘ってくれた友達に感謝して終わります。

平成24年11月1日 なにわ大阪研修会

毎年悩まされた花粉症、日々の倦怠感までもが気にならなくなりました

松元美和雄弘ヨーガに出会うまでの私は、いつもどこか、体調が優れず、スッキリしない毎日でした。

もともと、身体が堅くて、体力に自信がなかったのですが、雄弘ヨーガは、ソフトで 無理なく実践できる安心感がありました。続けていくうちに固い氷が光によって、少しづつ溶けていくように、身体感覚に変化が感じられました。
毎年悩まされた花粉症、 日々の倦怠感までもがいつの間にか気にならなくなり、毎日、ぐっすり眠れて翌朝はスッキリです。

松元美和身体が変わってくると心も軽くなり解放されていくような感じです。以前は 身体と心が複雑に絡まっていたようでしたが、今は、太いパイプで力強く繋がっているような、一体感があり雄弘ヨーガそのものが私の軸となっています。

また研修会やセミナーでは、番場先生からのヨーガの指導も受ける事ができ、経験豊富な先生方や皆さんとの交流も大切なひとときです。
心の落ち着き、明日への活力の源となる雄弘ヨーガを多くの人に知っていただき体感していただきたいと思います。

なにわ大阪研修会

TOP