お知らせ

お知らせ

去る7月27日、京都・聖護院御殿荘にて、雄弘ヨーガの実践セミナー~瑜祗雄弘大師を偲んで(十七回忌法要)~を開催致しました。

北は秋田、新潟、福島の各県や三重や徳島県まで、遠方から多くの参加を頂き、約90名の方々と一緒に開催できましたことを、とても嬉しく思っております。

「やっぱり反らなあかん!」という先代遺言のひとつを参加者全員と共有し、反らせる実践各種に挑戦しました。

また、反らせるには、反りとしなり(撓り)の側面があることと、それは呼吸にも深く影響するということを確認しました。

さらに、多くの地方の方との交流ができたことも大変良かったと思います。

来年は、会場を高野山に移して、5月に開催する予定です。

雄弘ヨーガの創始者、番場一雄(初代瑜祗雄弘)師の指導動画です。独特の説法に惹きつけられます。
これは東京タワーの麓、芝の増上寺での研修会風景です。1991年1月19日(土)、28年前の映像です。
7月27日に開催予定の雄弘ヨーガの実践セミナー(京都・聖護院)では、もっとしっかりとお見せできると思います。

雄弘ヨーガの実践セミナーはこちら

Youtube 動画はこちらをクリック

日本ヨーガ光麗会のホームページがスマートホン向けに最適化されて表示されるようになりました。
日程確認などに積極的にご活用下さい。

IMG_7670 IMG_7671 IMG_7672
来る7月27日(土)、京都・黒谷の聖護院において、雄弘ヨーガの実践セミナー~瑜祗雄弘大師を偲んで(十七回忌法要)~を開催致します。
深化し続ける雄弘ヨーガを確認し、師匠を偲びつつ同志と語らいたいと思います。
日程は27日のみですが、遠方から起こしの利便を考慮して、宿泊できるよう手配しています。
ふるってご参加ください。

雄弘ヨーガに深いご理解とご支援を頂いた早稲田大学名誉教授の春木豊先生が去る2月9日、ご逝去されました。

私が担当させていただいている早稲田大学並びに同大関連授業はすべて春木先生のご推奨によるものです。
感謝の念に堪えません。

最後にお見かけしたのは、2016年11月に、早稲田大学で開催された日本マインドフルネス学会の時です。
体調は芳しくないご様子でしたが、病苦を押して登壇されました。
遠慮してご挨拶を遠慮したのが悔やまれます。

先生は、1985年に東京タワーの麓にある増上寺で開催されていた番場一雄・先代雄弘師主宰の雄弘ヨーガ研修会に参加されました。後に伺ったところによると、「しっかりとしたヨーガを男性の指導者から習いたかった」ということでした。

以降、熱心に実践を深められて、京都で開催されていた夏の合宿・光麗祭にもよくお越しになりました。舞台の上で三点頭立のデモンストレーションをなさったり、また、講師として、雄弘ヨーガの同志に向けて、御専門の立場から、分かりやすく講義をくださいました。

近年では、ご著書『動きが心をつくる─身体心理学への招待』をわざわざ送っていただき、多くの示唆をいただきました。私の論文にも、先生のご著書から引用させていただいたことがあります※。

昨日、告別式に参列させていただき、お別れさせていただきましたことを報告させていただきます。

長い間に先生から賜ったご厚情には、あらためて感謝申し上げます。

日本ヨーガ光麗会 番 場 裕 之 拝

※春木豊著『動きが心をつくる─身体心理学への招待』pp.82-85 講談社, 2011

98B2B8D1-E2DD-4C73-BFC4-8E1D7EB4B1C9

TOP